これが「小1の壁」だ!共働き世帯が乗り超えるための6つの方法

小1、壁、共働き、乗り越える

小1の壁」という言葉を聞いたことがあるかな?

子供が小学生になるタイミングで、
新しく仕事を始めようと思っている人や
今現在働いているママにもぜひ知っておいてもらいたい。

スポンサーリンク

「小1の壁」とは?

子供が小学生になれば、時間的にも余裕ができて
楽になると思われがち。

でも実は、楽になるどころか
むしろ大変になったと感じる人は多いんだよ。

共働き世帯にとってはなおさら。
小1になるタイミングで、仕事と育児の両立が難しくなり
退職してしまう人も少なくない。

それが「小1の壁」だ。

では具体的にどんな『壁』があるのかを見てみよう。

下校時間が早い

入学してしばらくは、給食なしの
午前授業であることが多いんだ。

そして給食が始まっても、午後2時過ぎには下校するので
保育園よりも相当早い時間に帰宅することになる。

また普段でも、学校の都合で午前授業になることも多いため
放課後の過ごし方が問題になってくる。

長期の休みが増える

保育園時代にはなかった、夏休みや冬休みなど
長期の休みが増える。

2学期制を取り入れている学校では
1週間~10日程度の秋休みもあり、
大きな壁となっているんだよ。

行事の振り替え休日

運動会や発表会などの学校行事は、
だいたい土日に行われるため、必然的に平日が振り替え休日となる。

預け先がないと、仕事を休まなければならないことも多くなる。

PTAや保護者会の会合

PTAや保護者会の会合は、平日の日中に行われることが多い。
出席するためには仕事を抜けだしたり、休む必要がある。

学童保育の限界

学童保育を利用すればいいと思うかもしれないけれど、
実は学童保育にも限界がある。

預かってもらえるのは、だいたい18時くらいまで。
延長保育はできない。

しかも17時過ぎの帰宅は、安全面を考えて
必ずお迎えに来て下さいというところも。
残業はほぼ出来ないと思っておこう。

また、日祝日・お盆や年末年始、学級閉鎖時は利用できない。

利用日や利用時間が限られていることが大きな壁となっている。

子供のケア

これはあまり知られていない『壁』でもある。

まず、宿題や学校の準備など
手をかけてあげなければいけないことが増える。

単調だった幼稚園や保育園とは違って、
毎日違う学用品を準備していかなければいけないので、
一人でできるようになるまではしっかりと見てあげる必要があるんだ。

さらに大変なのが、子供によっては
新しい環境になかなか馴染めない場合があるということ。

時には、学校に行きたくないと駄々をこね
手を引いて連れて行かなければならないこともある。

慣れたから大丈夫だなと思っても、
夏休み明けにぶり返してしまうこともあるので油断できない。

このように、子供のケアに時間をかけなければいけないことも
働くママにとって大きな負担となっているんだよ。

スポンサーリンク

うまく乗り越えるための6つの方法

共働き世帯は、どうやってこの「小1の壁」を
乗り越えているんだろう?

短時間勤務

子供が学校に行っている時間だけ働く
という選択がある。

パート勤務に転職するとか、
フレックス社員にしてもらうとか、
子供のタイムスケジュールに合わせた勤務体制がとれることが
一番望ましい。

パート勤務なら、勤務時間や急な休みにも
融通を聞かせてもらえることが多いから、
考慮してみるのも一つの手段だよ。

学童保育

利用できる時間は限られているので、
学童保育だけでは対策として不十分ではある。

けれど働くママにとって、
放課後に安心して預けられる学童保育というのは
やはり強い味方。
大いに利用するべきだ。

⇒ 学童保育を実際に利用したらこうだった!

夫や実家の協力

夫や実家に協力してもらえるのなら
ぜひお願いしよう。

学童保育では足りない部分を補ってもらえるので
大きな味方となる。

ママ友の協力

仲の良いママ友がいれば
協力をお願いしてみるのもいい。

時間まで子供同士を遊ばせてもらうとか、
学童保育のお迎えで、同じ方向の子がいたら
一緒に帰ってもらうようお願いしてみるとか。

もちろん、相手の負担にならないよう
常識の範囲内でお願いすることが大事だよ。

留守番

仕事をしていると、どうしても
多少の留守番をさせなければいけない場面というのはでてくる。

30分や1時間くらいの短い時間なら、
一年生でも留守番はできるよ。

その場合は、鍵をかけること。
電話には出ないこと。
誰か来ても出ないこと。
などのルールをしっかりと決めておこう。

ただ、いくら留守番ができるとは言っても
一人にしておくのはやはり心配だ。
留守番は極力させないようにしたいね。

ベビーシッターやファミリーサポート

夫の協力が得られない場合や、
実家と遠く離れていて協力が得られないない場合は
ベビーシッターなどの利用も考えよう。

また自治体によっては、子育て支援の一環として
ファミリーサポートセンターを設置しているところもある。

子供のお迎えや、残業時の預りなどの
サポートを受けることができるよ。

会員登録が必要な場合もあるので
問い合わせてみよう。

小1の壁とは言うけれど・・・

私の場合、子供が2年生になってから働き始めたので
小1の壁と直面することはなかった。

それでもやはり、就業時間や休日の調整、
学校行事との兼ね合いなど、
今でも色々大変なことは多いなと感じる。

小1の壁」とは言うけれど、
小1に限らず、子供がある程度大きくなるまでは
この大変さは変わりないのだと思う。

そして、多少なりとも子供にも負担をかけてしまうということ。

仕事をする以上、そのことは
最初から覚悟しておく必要があるよ。

ママが働きに出るということは
家族や周りの理解は絶対に必要。

みんなの協力を得ながら、
無理のない範囲で働くことが一番大切だね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする