七五三て何するの?準備はいつから?やっておきたい4つのこと!

七五三、準備、いつから

初めての七五三って、わからないことだらけだよね。

いつから準備を始めたらいいのか?
何をどう用意すればいいのか?

そもそも、七五三に何をすればいいのかすら
わからない人もいるかもしれない。

そんな七五三の、気になる点について
詳しく紹介していくよ。

スポンサーリンク

七五三ってどんな行事?

七五三は、子供の健やかな成長を祝う伝統的な行事で
11月15日に行われる。

昔は子供の死亡率が高かったため、
節目節目で成長を祝う風習から生まれた行事の一つだよ。

何歳でやるの?

男の子は、5歳、女の子は、3歳と7歳でお祝いするのが一般的。

元々は数え年でお祝いしていたけれど、明確な決まりはなくて
現在は、数え歳でも満年齢でも、どちらでも構わないとされている。

また、男の子女の子にかかわらず、
3歳、5歳、7歳、すべての年齢でお祝いすることも増えているんだ。

その辺のことはあまり深く考えなくてもいいのかもしれないね。

どんなことをするの?

一般的には、

  • 着物や袴などの衣装を着る
  • 神社にお参り
  • 写真館で記念撮影
  • 家族や親族と食事会

などが行われている。

だけど必ずしも全部やらなきゃいけないわけじゃないよ。
状況に応じて、できる範囲のことでお祝いしてあげよう。

準備はいつから始める?

準備はいつから始めるのがいいんだろう?

早い人では、半年も前から始める人もいるんだとか。

さすがに半年は早すぎるかなと思うけど、
2~3ヶ月前には準備を始めて、
遅くても、お祝いをする1ヶ月前には準備万端にしておきたい。

遅すぎると、どこも予約でいっぱいになっていて、
満足なお祝いをしてあげられなくなる可能性もあるからね。
早目早目で進めていこう。

スポンサーリンク

やっておきたい4つのこと

七五三の準備は、何をするにも予約が必要なことが多い。
事前にしっかりやっておこう。

衣装の準備

せっかくお祝いするのだから、
きれいな衣装を着せてあげたいと思うのが親心。

お祝い着として、着物や袴などを着せることが多いよ。

事前にこれらの衣装を準備しておく必要がある。
新調するか、レンタルするかも決めておこう。

レンタルの場合は事前予約が必要だ。
七五三の時期はとても混み合って、
希望する衣装が借りられないこともあるから
早目の準備が必要だよ。

→七五三の衣装はどっちを選ぶ?レンタルと購入のメリットとデメリット!

お参りの準備

どこの神社にお参りするかはあらかじめ決めておこう。

参拝するだけなら事前の準備は特に必要ないけれど、
宮司さんに祝詞をあげてもらう場合は予約が必要だよ。

祝詞を上げてもらう時は、前日までに『初穂料』を用意しておこう。
相場としては五千円~一万円ほど。
神社によっては金額を指定する場合もあるので、
予約の際に聞いてみるといいね。

初穂料は、紅白蝶結びの祝儀袋を使用するよ。
『御初穂料』または『御玉串料』として、
子供の名前を書いておこう。

写真撮影の準備

写真館で写真撮影をする場合も予約が必要になる。

七五三シーズンはとても混み合うので、
最近は9月や10月、それ以前に済ませてしまう家庭も多いよ。

シーズンをずらして撮影することで撮影料金を割引してもらえたり、
だいぶお得になることもあるのでオススメ。

近くの写真館へ問い合わせてみよう。

食事会の準備

両家の両親や親族を誘って食事会を行う場合は、
自宅で行うのか、お店で行うのかをまず決めよう。

自宅で行う場合は、メニューを考えたり、お料理の準備など
事前にしなければいけないことはたくさんある。

お店で行う場合は、やはり前もっての予約が必要だよね。

招待される側も、お祝い金の準備やスケジュールの都合もあるから
できるだけ早くお知らせしておく必要があるよ。

まとめ

七五三て、しっかりお祝いしてあげようと思うと
実は思っている以上にやらなきゃいけないことが多いんだ。

直前になって「忘れてた!」なんてことにならないよう
ひとつひとつ確認しながら準備を進めていこうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする