七五三の衣装の選び方!5歳の男の子は何を着る?選ぶ時のポイントは?

七五三、衣装、選び方、5歳、男の子

子供の健やかな成長を祝う七五三

男の子は、地域によっては3歳でも祝う所もあるけれど、
一般的には5歳の時に、たった一度だけだから
気合の入るママも多いんじゃないかな。

特に衣装を選ぶ時なんか、子供よりも
ママの方が大興奮しちゃったりして。

そんな時の、衣装選びで気をつけたい
ちょっとしたポイントを抑えておこう。

スポンサーリンク

男の子の衣装選びは簡単?!

おしゃれに敏感な女の子と違って、
男の子って案外、衣装にこだわりがなかったり、
まったく興味のない子が多いんだ。

「どれがいい?」

って聞いても、

「どれでもいいしー」
「早く終わりたーい」

ってな感じ。

こだわりがない分、親の好みや意見を反映しやすく
女の子よりも衣装選びがスムーズに進みやすい傾向があるよ。

男の子の衣装はどんなものがある?

5歳の男の子の七五三は『袴儀』と言われる。
その名の通り、羽織袴を着るのが
昔からの習わしとなっている。

でも実は最近、動きやすいという理由から、
スーツを着てお参りする男の子も増えているんだ。

男の子の衣装は概ねこの羽織袴とスーツの2種類だよ。

衣装を選ぶ時のポイント

七五三の衣装はどうしても、デザインにばかり目がいきがちだ。

けれど、見た目にばかりこだわっていると
後で後悔することになるかもしれないよ。

そんな風にならないように、
次のようなポイントも念頭に置きながら選んでみよう。

軽くて動きやすいものを

普段、着慣れていないものを
長時間身に着けなければいけないというのは、
子供にとっては大きな負担だよ。

特に袴の場合は、
重くて窮屈なことが多く、疲れやすいので、
「もう歩かなーい!」などと
子供が不機嫌になってしまうことも。

グズりながらのお参りなんてしたくないよね。

それを少しでも回避するためには、できるだけ
軽くて動きやすいものを選ぶことがポイントだ。

素材やデザインによって、重さは随分変わるから
選ぶ時は実際に手で持って、触ってみることをオススメするよ。

汚れることを想定する

5歳の男の子といえばまだまだやんちゃなお年頃。
じっとしてなんかいられない。

静かにしなさいと、いくら注意したってなんのその。

「せっかく羽織袴着せたのに、走り回るわ、
お侍になりきってチャンバラ始めるわで
めちゃくちゃ大変だったんだけど~!」

というのは、あるママ友の体験談。

袴の裾は砂ぼこりで汚れ、動いたことで大量の汗をかき、
さらに走り回ったあげく転んでしまって、
せっかくの衣装は悲惨な状態になってしまったのだという。

そんなこともあるから、単に見た目の華やかさだけで
衣装を選ぶわけにいかないのが男の子。

子供の性格にもよるけれど、じっとしているのが苦手な子は
汚れに強く、洗濯しやすい素材の物を選ぶなど、
汚してしまうことを想定して選ぶこともポイントだ。

スポンサーリンク

 最近の七五三衣装の傾向

袴とスーツ、どっちが多い?

七五三に、袴を着る子と、スーツを着る子、
どっちが多いかちょっと気になるところだよね。

最近の七五三では、羽織袴とスーツの両方着ることが
圧倒的に多いようだ。

写真撮影の時は、歩き回る必要もなく
土や砂ぼこりで汚れる心配がないので羽織袴を。

一方、神社へのお参りは、
動きやすくて着替えのしやすいスーツを。

というパターンが増えているのだそう。

状況に応じて着替えることで、
子供への負担を最小限に抑えられるから
それも1つの手段だね。

人気のデザインは?

最近の傾向として、袴もスーツも、
共に人気なのは『黒』を基調としたデザイン。

  • 落ち着いた感じがする
  • 凛々しく見える

といった理由があるようだ。

スーツに至っては、
卒園式や入学式にも使えるといった理由もあって、
ベーシックな黒を選ぶことが多いのだそう。

また袴では、黒に次いで『白』も人気だ。
『鷹』や『兜』といった、
豪華な柄のあしらわれたものが好まれている。

他には青系や深緑など、落ち着いた色が
選ばれる傾向があるようだ。

まとめ

ファッションにまだ興味のない男の子の衣装選びは、
大人が主体となって決める場合が多いかもしれない。

でもあくまで、子供のためのお祝いだということを忘れずに。
「子供が喜ぶ衣装選び」を心がけて、
一生の思い出に残るような七五三にしてあげよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする