小学生の冬休み対策!大忙しでもストレスをためない過ごし方!

冬、遊び

わーい!もうすぐ冬休み~♪
なんて浮かれているのは子供たちだけ。

いよいよやってくる、恐怖の冬休み。

クリスマスやお正月の大きなイベント
一日三食の食事の支度
朝から晩まで散らかり放題の部屋と格闘
宿題やらない問題

それに加えて、北国の冬休みは長い。
数えてみたら、今年はなんと25日もあった。
もう溜息しか出ない・・・。

小学生の冬休みは、ママにとってなかなか憂鬱なもの。

そんな冬休みのストレスを溜めない過ごし方って?

スポンサーリンク

小学生の冬休み対策

夏休みは外で元気よく遊んでいた子供たちも、
冬休みになると、寒さから、外に出る機会がぐっと減る。

家にいる時間が多い分、冬休みなりの対策が必要だ。

一日三食の食事作り

給食ってありがたい。

冬休みなど、長期の休みになるといつも思う。
毎日三食の食事作りの、なんと大変なことか。
一日中台所に立っているような気がしてしまう。

自分だけなら残り物で済ませられるけれど、
子供がいるとそうもいかないよね。

そこで私は考えた。

『お昼ごはんは手抜きする』

独自ルールを設定(笑)

ええ?そんな!!
と思われるかもしれないけど、いいのだ。

そば、うどん、ラーメン、パスタ、焼きそば・・・
まずは麺類をローテーション。
味付けを変え、トッピングを工夫すれば栄養的にも問題なし。
冷凍食品もフル活用。

まぁ時にはちゃんとした食事も作るけど。
朝ごはんと夕ごはんがちゃんとしていれば、
それでいいんじゃないかな。

少しくらい手抜きしたっていいんだよ。
しっかりきっちりやらなくていいんだって思うだけで、
気持ちはだいぶ楽になるよね。

ちょっとの手抜きで、ストレスを減らせるなら
それはそれでOK!

朝から晩まで散らかり放題の部屋

人間あきらめが肝心。
部屋が散らかってしまうのは、もうしょうがない。
この際スッパリあきらめよう。

大事なのは、散らかしたものを
後からでもちゃんと片付けられるかどうか。

せっかくの冬休み。
自分で出したものは自分で片付ける
という習慣を身につけさせるいいチャンスだ。

本来なら、出したものをその都度片付けるのがベストだよね。
でも実際にはそれができない子も多い。

そんな時は、食事の前や寝る前など、時間の節目で
一気にまとめて片付ける方法がおすすめだよ。

気をつけなければいけないのは、
どんなに散らかっていても大人は手伝わないこと。
手伝ってしまうと『どうせやってくれる』という甘えから、
いつまでたっても、一人で片付けができない子になってしまう。

大きな箱を用意して、全部放り込む方法でもかまわない。
まずは、自分で出したものを「責任持って片付ける」
という意識を持たせることから始めてみよう。

それができるようになるだけで、ママのストレスは格段に減るよ。

宿題やらない問題

冬休みの対策として、一番大きな問題だ。

どんだけ「宿題やりなさい」と言ったところで
一向にやろうとしない我が息子。

それならばこうしてやる!
と、打って出た対策がこれ。

『完全放置』

宿題やらないで先生に怒られても、親の私は痛くも痒くもない。
やらなかった自分が悪い。
すべて自己責任。

そう言って完全放置した結果、自分でもヤバイと思ったらしく
泣きながらもなんとかやり終える。

少しは懲りたか、フフッ。

ちょっと冷たいようにも思えるけど、
これも私なりの愛のムチ。

生活リズムを崩さない

冬休みは、クリスマスやお正月などの大きな行事が続くから、
どうしても夜更かしをしてしまいがち。

加えて、寒さで免疫力が落ちたり
風邪やインフルエンザが流行る時期でもある。
体調を崩さないように
生活リズムをしっかり整えてあげることが大切だよ。

→ 子供の風邪予防!今すぐできる免疫力アップの方法とウイルス対策

スポンサーリンク

計画通りになんかいかない

冬休みが始まる前に、学校では『冬休みの過ごし方』なんていう
計画表を作ってくるよね。

朝6時起床、食事の後は9時まで勉強、
少し遊んで、午後からまた勉強、
なんていう、すばらしい計画表を作ってくるわけだ。

だ・け・ど

一日たりとも計画通りにいった試しなんかない。

実際には、
起床→食事→遊び→遊び→食事→遊び→おやつ→遊び→食事→風呂→就寝
てな感じで一日が終わる。

育児書なんかにはよく、
「自分で計画をたてさせれば、きちんとできるようになる」
みたいなことが書かれているけれど、
あれは絶対ウソだ・・・と私は思っている。

少なくとも、うちの息子には当てはまらない。

まぁ、小学生のことだからしょうがないと言えばしょうがないし、
そもそも計画通りにいったら苦労なんかしない。

計画はあくまで計画。
それをあてにしてちゃいけないってことだよね。

まとめ

冬休みは家族が家にいる時間が多くなるし、
クリスマスや大晦日、お正月と、
大きなイベントがある分、ママは何かと大変だ。

頑張りすぎてダウン、なんてことにならないように気をつけて。

時には家族に助けてもらいながら、
充実した冬休みを過ごそうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする