虐待してしまうかも?!育児ストレスの限界を乗り切るためにできること

育児、ストレス、乗り切る、虐待

初めての育児は、大変なことがいっぱい。
想像していたのとはまるで違う、なんてことも多いのでは?

思い通りに行かないストレスが積み重なって
心がいっぱいになってしまうと

『もしかしたら私、虐待してしまうかも・・・』

なんて思うこともあるかもしれない。

そんな時は一人で悶々と悩む前に
イライラしなくなる考え方を知ってほしいなと思うんだ。

スポンサーリンク

罪悪感は子供を大事に思ってる証拠

『私、虐待してしまうかも』
そう思うことに罪悪感を感じてはいなかな?

でも大丈夫。
多くののママが、一度は同じことを感じた経験を持っているんだよ。

私もその一人。
疲れとイライラが積み重なって、
虐待しちゃうんじゃないかって、自分で自分が怖かったんだ。

私には愛情が足りないんじゃないか?
子供を育てる資格なんかないんだ。

そんな風に思って、一人で思い悩んだ時期もある。

だけどね

「虐待してしまうかも」と思うことに罪悪感を感じるのは、
ちゃんと子供のことを考えてるって証拠なんだよ。

何も考えていない人は、罪悪感なんて感じない。
それを感じられるということは、
つらい思いはさせたくない、なんとかしたい、
という気持ちがどこかにあるからなんだ。

あなたは、ちゃんと子供のことを考えてあげられる立派な母親だよ。

それに「虐待しちゃうかも」って頭の中で思ってるだけで、
実際にはまだ何もしちゃいないよね。

今からでも間に合うよ。

罪悪感を感じると、思考がますますネガティブになりがち。
罪悪感に苛まれるよりも、今できることを考えてみよう。

ストレスを感じる人、感じない人

同じ出来事があっても、
ストレスを感じる人と感じない人がいる。
その思考の違いってわかるかな?

ストレスを感じやすい人は、
その原因を、すべてまともに受け止めてようとしてしまうんだ

強風をすべて受け止めようとすると、
ものすごい力が必要だし、倒れてしまうでしょ?
それと同じこと。

ストレス、虐待、育児

一方、ストレスを感じにくい人は、
細かいことをあまり気にしない。
問題が起こってもそれをうまく受け流せるんだよ。

このことから見ても、育児ストレスを溜めないためには
ある程度のことはうまく受け流すことが大事だってわかるね。

スポンサーリンク

育児ストレスを溜めない思考にチェンジしよう

子供が部屋を散らかす?
なかなか寝てくれない?
泣いたり騒いだりうるさい?

だって子供ってそういうものでしょ?
みんな小さい頃はそうだったでしょ?

別に部屋が散らかってたっていいじゃない。
いつかは寝るよ。
泣いたり騒いだりだって、永遠に続くわけじゃない。

ああしなきゃいけないとか、こうあるべきとか、
しっかりしなきゃとか、ちゃんとやらなきゃとか、
そんな気持ちは一旦どこかへ置いといて。

問題のすべてをまともに受け止めるのはもうやめてみない?
それよりも

『まぁいいかあ~』

と思う気持ちの方を大切にしてみようよ。

以前、タレントの梨花さんが出演していた
『♪余裕のある人ステキだなぁ~♪』という
キャッチコピーが印象的だったCM、知ってるかな。

子供が部屋の壁に落書きをしてしまったのだけど、
それを見た梨花さんは怒るどころか、
そこにフレームをかけ、インテリアにしてしまうというもの。

子供のイタズラでさえ、『まぁいいかぁ~』と
笑って受け流せるってすごいことだよね。

それを見た時に気づいたんだ。

そっか、それでいいのか。
ありのままを楽しめばいいんだ、
って。

そんな余裕のある女性ってほんとにステキだな、って。

もちろん、やってはいけないことを
しっかりと教えるのは必要なこと。

でも、子供にとって一番大事なのは、
やっぱりママが笑顔でいることだと思うんだ。
ママが笑顔でいると、子供も自然と笑顔が増えるんだよ。

片付けなさい!!
早く寝なさい!!ってしかめっ面で言うよりも、

「ママと一緒におもちゃをお家に帰してあげよう。」
「お布団の中でママといっぱいお話しようよ。」

そんなことをぜひ笑顔で言ってみて。
きっと子供もその笑顔に答えてくれるはずだよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする