手づかみ食べの、汚れる、ちらかる、2大イライラ解消法

手づかみ食べ

手づかみ食べってほんと、手も顔も汚れるし、まわりも散らかるし、
後片付けが大変でイヤになっちゃう!
そう思う人も多いはず。

イライラしない手づかみ食べの方法を考えてみよう。

スポンサーリンク

手づかみ食べは汚れるからさせたくない。でも・・・

離乳食中期ぐらいになると始まる手づかみ食べ。
片付けなくちゃいけないことを考えると、できることならやらせたくないな
って思っちゃうよね。

でもこの手づかみ食べ、成長の過程でとても大切な意味を持つって知ってるかな?

手づかみ食べってなんのためにするの?

そもそも手づかみ食べってなんのためにするんだろう。

赤ちゃんは、産まれてから色んな “初めて”と出会う。
その初めて出会ったものがなんなのか、どんなものなのか、五感で確かめようとするんだ。

見て、聞いて、触って、臭いを嗅いで、舌で感じる。
つまり赤ちゃんは手づかみ食べをすることで、臭いを確かめ、感触を確かめ、
それがどんなものであるかを確認してるんだよ。

また、この手づかみ食べをたくさんさせることが、
後にお箸をうまく使えるようになる秘訣だとも言われている。
硬いものはしっかり掴まなきゃとか、柔らかいものは優しくつまむとか、
お箸を使う時の力加減を勉強してるんだよ。

そういうことを聞くと、汚れるからイヤだなんて言ってられない気がするよね。

スポンサーリンク

汚れる散らかるの解消法

手づかみ食べが大切な意味を持つことはわかってもらえたと思う。

それでもやっぱり、後片付けで大変な思いをするのはイヤだよね。
だったら、後片付けを楽にすればいい!

でもまず、一番汚れる手と顔は諦めないとね。
こればかりはもうどうしようもない(笑)

そして洋服の汚れだけど、これはエプロンをすることであっさり解決できる。
受け皿がついたプラスチック製のものも売ってるから利用してみよう。
プラスチック製なら、サッと洗うだけでキレイになるからおすすめだよ。

その次に、まわりに飛び散る汚れ。
レジャーシートなんかを敷くことで解決できるよ。
食事が終わったら軽く拭くだけでOKだから簡単だね。

最期にテーブルの上。
多分このテーブルが一番汚れてイヤだって人多いんじゃないかな。
これはラップを張り付けておけばとても簡単に片付くよ。
水拭きしたあとにラップを敷けばピッタリとくっついて、子供の激しい攻撃にも
けっこう耐えてくれるんだ。

食べ終わったらはがして包んでポイ!
簡単でしょう?

汚されるのがイヤなら、汚れない工夫をすればいい。
ただそれだけのことなんだよ。

手づかみ食べは今しか見れない瞬間

手づかみ食べは当然、手や顔が思いきり汚れるよね。
でも「あ~あ」なんてしかめっ面はしないでほしいんだ。

ごはんつぶをたくさんつけた顔で、満面の笑顔を見せる子。
なんともかわいくて、面白いじゃない?

食べ物をぐちゃぐちゃにかき混ぜて遊んでいる子。
すごく楽しそうじゃない?

今しか見れない瞬間だよ!
なんなら写真や動画に撮ってしまおうよ。

私は自分の息子が手づかみ食べをするのを見て、かわいいなー、面白いなー
とは思ったけれど、記録に残して楽しむなんて思いもしなかった。
だから写真も動画も何一つないんだ。
今になってかなり後悔しちゃってる。

子供が少し大きくなった今、一緒に見返したら
けっこういい笑いのネタになっただろうなぁ、って(笑)

今回の格言

汚れる、散らかる、上等だ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする