出産なんて怖くない!笑える出産体験記

初めての出産

これから出産を控えている人に質問!

出産って怖いと思う?

YESと答えた人にはぜひ、私の出産体験記を読んでほしいんだ。
それでもまだ「怖い」って思うかな。

スポンサーリンク

えっ?痛くないんですけど・・・

その日は、妊娠39週目の定期検診の日だった。

夫の運転する車に乗り、
「今日生まれちゃったらどうする~?」
なんて冗談言いながら、1時間かけて病院に到着。

10時ごろの予約だったはずなのに、時間を過ぎても呼ばれる気配は全くなくてさ。
「あ~飽きたなぁ」なんて思っていると、一緒に待っててくれた夫も飽きてしまったのか、「仕事の買い出し行ってくるわ」と病院を出て行ったんだ。

それからしばらくしてようやく私の番がきた。
診察台に乗ると、

「あれ?あれれ?」

って先生が言うんだよ。

そんなふうに言われたら、ちょっとビビっちゃうじゃない?
「な、なに?なんかやばいことでもあったのか?」
不安になる私。

「あの~、なんかさ~、破水してるね、これ、即入院ね」と先生。

は?なんですと?
破水してる?

ぜんっぜん痛くもなんともないんですけど?

どうやら診察台に乗った瞬間に破水したらしいんだよね。
こんなグッドタイミングってある?

大量の破水ではなくて、チョロチョロした感じだったんだけど、
そういう破水だと痛みは感じないことが多いんだって。

でも24時間以内には必ず産まれるからってことで、そのまま入院になった。

まぁ家から病院まで1時間もかかるし、
陣痛を車の中で1時間も我慢しなくてすんだから、ある意味ラッキー!
産まれる前からなんて親孝行な子なんだろう、なんて思ってたんだよね(笑)

夫に電話すると、
「ぜんぜん痛そうじゃないじゃん」って。

そりゃそうだよ。
だって痛くないんだもん。

ついに陣痛がやってきた!

即日入院したものの、1時間たっても、6時間たっても、12時間たっても、
一向に陣痛が来る気配がなくってさ。

ほんとに産まれるんかいな?なんて思った。

すると真夜中の3時頃、なんだか腰が痛くて目が覚めたんだ。
陣痛ってお腹だよね。
腰が痛いってなんなんだろう?
そう思っていると、その痛みはみるみるうちに強くなっていったんだ。

あーーー!腰がわれるぅーーー!!

ようやくそれが陣痛だと気づいたよ(笑)

助産師さんに、
「陣痛の間隔が5分以内になったら教えてください」
と言われたので、 痛みをこらえつつ時計とにらめっこ。

しばらくすると間隔が3分くらいになったから、
ナースコールをして助産師さんに来てもらったんだけどね。

不思議なことに、助産師さんが来ると、また陣痛の間隔が10分とかに戻っちゃうんだよ。
で、いなくなるとまた間隔が縮んでくるという・・・。
それを何度か繰り返したんだ。

なんじゃこれ。
産まれる気があるのかないのかハッキリせい!

とか思ったよ(笑)

看護士さんには
「5分以内になったら呼んでください」
と念押しされてしまった。

「おいおい、なんか嘘つきのワガママな妊婦みたいになってるやん」
とか思いつつ、助産師さんには申し訳ない気持ちでいっぱい。

そんなことがありながらも、朝方には分娩室へ。

いよいよその時がやってきたよ!

スポンサーリンク

分娩室でもハプニング?!

分娩室に入ると、ますます陣痛が強くなっていった。
でもまだ子宮口が十分広がっていないということで、そのまましばらく待機に。

「陣痛と陣痛の間の、ちょっと空いた時間に休んでくださいね~」
って言われたんだけどさ。

でも私の場合、陣痛と陣痛の間隔がほとんどなかったんだよね。
治まってきたかと思うと2~3秒後にはすぐまた次の陣痛がくるから、
休む暇なんか全然なくて、もう息も絶え絶え。

そして、そんな状態が2時間ほど続いて、私はこうなった。

過呼吸で手がしびれるぅ~

なんと過呼吸を起こし、手の感覚がなくなってしまったんだ。
鼻と口を手で覆って息をするように指示されて、
その通りにやってみたらだんだん回復してきたんだけど、
そんなこともあるんだね。

そして、さぁいよいよ産まれますよ!

助産師「いきんで~!」
私  「う~~~~」
助産師「はい、力ぬいて~」

助産師「いきんで~!」
私  「う~~~~」
助産師「はい、力ぬいて~」

助産師「もう一回いきんで~!」
私  「ウッ!!!!!」

助産師「どうかしましたか!」

すいません!両脚のふくらはぎがつりました!

結局、スタッフに両脚を揉んでもらいながら出産することになった。

想像してみてよ。
スタッフ2人に両脚を揉まれながら、赤ちゃんを取り上げてもらう姿を(笑)
ありえないでしょ。

もうここまでくると、ほんと笑うしかないよね。

ハプニングよ、ありがとう!

無事に産まれてよかった!
産まれてきてくれてありがとう!

産まれた瞬間に思いたかった。
感動したかった。

でも私が実際に思ったのは

あ~、やっと終わったぁ

だったんだ。
なんだかいろんなことがありすぎて、
産まれたことよりインパクトありすぎて、
そう思っちゃったんだよね。

でもある意味、この出産の時のことは一生忘れられない。

子供が産まれる瞬間をずっと忘れずにいるというのは、
なかなか難しいことだと思うんだよね。
でも私にはそれができる。

まさにハプニングのおかげだよ。

大変ではあったけれど、こんな出産も悪くないなって
今なら思えるんだ。

今回の格言

痛みもハプニングも大切な思い出

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする