子供のための保険の選び方!学資保険とこども保険は何が違う?

学資保険、こども保険、違い、選び方

子供ができたら考えたい保険のこと。
たくさんある保険の中から、どれを選んだらいいのか迷ってない?

失敗しない子供の保険の選び方を紹介するよ。

スポンサーリンク

「学資保険」と「こども保険」の違い

子供の保険は主に「学資保険」「こども保険」の2種類がある。
一見同じように思えるけれど、実は学資保険とこども保険では
違う点がいくつかあるんだ。

学資保険とは?

学資保険の一番の目的は、
教育のための資金を積み立てること。

大学の受験や入学のための資金を積み立てることが多く、
そのため、高校を卒業する時に満期を迎えるものが多い。

ただし、満期を迎える前の
中学や高校へ入学するタイミングにも
給付金を受け取れる保険もあり、人気となっているよ。

また教育費の他に、子供に万が一のことがあった場合の医療保障や、
契約者である親が死亡した場合に、その後の保険料が免除されたり、
育英年金が支払われる保障などを付帯することができる。

幅広い分野を保障してくれる保険と言えるね。

こども保険とは?

こども保険は、子供の病気やケガ、
死亡などへの医療保障をメインとした保険。

学資保険と違って、
教育費の積み立てを一番の目的にはしていないんだ。

最近では、こども保険の中にも
教育資金の保障が充実しているものも増えてきている。
とは言え、やはり学資保険に比べると貯蓄性には欠けてしまう。

医療保障には優れているけれど、
教育資金に備えるのにはあまり向いていない保険と言える。

スポンサーリンク

失敗しない保険の選び方

教育資金のため学資保険に加入したつもりだったのに、
あとで確認してみたら、実は医療保障メインのこども保険だったんだ。

子供が死亡した時の保障がほしいわけじゃないのに・・・。
失敗したなぁ。

知り合いのママがそんなことを話していたことがある。

そんな失敗をしないためにも、
子供の保険を選ぶ時には、重視するべきポイントを
明確にしておくことが大切だよ。

教育資金か医療保障か

まず、保険をかける目的をはっきりさせよう。

教育資金に備えたいのか?
万が一の病気やケガに備えたいのか?

どちらに保障の重点を置きたいのかによって
学資保険とこども保険、選ぶ保険は違ってくる。

必要な時に必要な額を受け取れるか

必要な時に必要な額を受け取れるかを考えよう。

病気やケガの時、進学する時、成人した時、就職する時、
どのタイミングでどのくらい必要なのかを考えておくことで、
どんな保険を選んだらいいかを、ある程度絞ることができる。

保険料はいくらまでなら払えるのか

いくら保障内容が良くても、
保険料が家計を圧迫してしまうようでは本末転倒。

無理のない掛け金で最大の保障を備えることが大切。

保険料をいくらまでなら払えるのか、
経済状況をよく考えて保障内容を選ぼう。

まとめ

どんな保険を選んだらいいか迷った時は、とにかく情報を集めて
徹底比較をしてみよう。

保険会社から勧められるがままに加入してしまうと
後で「失敗した」なんてことになりかねない。
自分で情報を集めてよく吟味することが大切だよ。

公平な立場で相談に乗ってくれる
『保険の窓口』などを利用するのも、一つの手段。

しっかりと納得できるものを選んであげようね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする