親子でインフルエンザに!家事や育児はこうして乗り切った体験談!

インフルエンザ、親子、家事、育児、乗り切る

流行りにのっちゃったよ。

インフルエンザ。

いや、のっちゃいけないんだろうけど。

親子インフルエンザにかかった、
一週間の戦いを記録しておこうと思う。

家事や育児はどうしたのか?
何かの参考になればうれしい。

スポンサーリンク

親子でインフルエンザに感染!

それは学校からの電話で始まった。

「熱があるので迎えにきてください」

夫の迎えで学校を早退してきた息子。

聞けば、学校では37.5℃あったというのだけど、
自宅で測っても熱なんかまるでない。
そしてめちゃくちゃ元気。

教室の中が暑かったっていうから
たまたま体温高くなってただけかな。

そんな感じでその日は就寝。

そして翌朝。

38.0℃!!!!

Oh,No~~~!
たまたまではなかったー!

病院の検査でインフルエンザA型確定。

やばい、もらわないように気をつけなくちゃ。
と思った時にはすでに遅し。

次の日には、みごと親子撃沈である(TT)

私はこうして乗り切った!

やっててよかった!

やっておいてよかったなと思うことがある。

それは、息子のインフルエンザが確定した時点で
大量の食糧を買い込んでおいたこと。

買い物もなかなか出られなくなるなと思ったのと、
自分もインフルエンザをもらって、
動けなくなる可能性を考えてのことだった。

高熱があっても食べやすい

  • 果物
  • ゼリーやヨーグルト
  • ポカリスエット

あまり手をかけずに食べられる

  • 惣菜
  • パウチやレトルト食品
  • 冷凍食品

を中心に購入。

また、ブロッコリーやほうれん草などは
あらかじめ下茹でしておき、
日持ちしそうな惣菜を何種類か作り置きしておいた。

また、看病に必要なもの

  • タオル
  • 着替え
  • ティッシュペーパー
  • 水分補給用ボトル

などはカゴにまとめて入れておき、すぐ手の届くところへ。

これらのことをやっておいたおかげで、
あちこちウロウロする必要もなくなり
だいぶ助かったなと思うよ。

前もってできることはやっておく!
これ、大事ね。

家事はどうした?

家事はどうしたのか?

そりゃぁ、心おきなくサボらせていただいた(笑)

掃除や洗濯なんて2~3日しなくたって死にやしない。
無理して動いてインフルエンザを長引かせるより、
いま静養して早く治した方がよっぽど効率的だと思ったから。

ただ、やはり全く何もしないというわけにはいかなくて、
食事の用意と後片付けだけはやってたかな。

食事の用意といっても、レンジでチンするくらいのものだったし
少しでも洗い物を減らそうと、割りばしや紙皿を使ったり。

体が辛い時って、どれだけ手抜きできるかが勝負だと思う。
パパには申し訳ないけど、そこは理解してもらうしかないよね。

子供の看病はどうした?

親子でインフルエンザにかかると、
子供の看病が大変そう!と思うかもしれないが、
それが意外とそうでもなかった。

インフルエンザにかかっても薬をちゃんと飲ませれば、
あと親にできることと言ったら、

  • ひたすら冷やしてあげること
  • グズった時に添い寝してなでてやること

くらいしかない。

基本的に高熱がある時って子供はよく眠ってくれるから、
一度、アイス枕などをあてがってしまえば
2~3時間はけっこう一緒に寝てられるんだよね。

交換するのは自分のと同じタイミングでできるし。

もちろん異変がないか様子を見ることは大事だけど、
休めるときは一緒に休む。

これも大事ね。

スポンサーリンク

3日間乗り切ればなんとかなる!

インフルエンザで体がほんとに辛いのは
おおむね最初の3日間。
それを過ぎればウソのように楽になる。

つまり、最初の3日間を乗り切ってしまえば
あとはなんとかなるってこと。

たかが3日だ。

もしも親子でインフルエンザに感染したら、
まずは3日間、がんばれママ!

終わってみて思うこと

今回の私の場合、先を見越した事前準備と
子供にそれほど手がかからなかったこともあり、
なんとか乗り越えることができた。

終わってみれば、一瞬だったな~とは思うけれど、
でも決して楽だったわけではない。

もっと良い方法があったんじゃないかな
とも思う。

子供のことはどうするか。
家事はどうするか。
協力してくれる人はいるのか。

自分が病気になった時のことを日頃から考えておくべき。

そんなことを痛感させられた今回の出来事だった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする