子供の作品が捨てられない!作品が増えすぎて持て余した時の収納法

子供、作品、収納、保管、捨てられない

夏休み直前、息子が1学期の間に学校で作り溜めた作品を
ワサワサと一気に持ち帰ってきた。
学期末になると、我が家の押入れは子供の作品で満杯だ。

スポンサーリンク

子供の作品はどんどん増える

幼稚園や学校から持ち帰ってくる子供の作品て、なかなか捨てられないよね。

一生懸命作ったんだろうなという努力の痕跡が見られたり、
こんなこともできるようになったんだ!という成長の過程が見られたり、
どれもこれもあったかい気持ちにさせてくれる。
だから、できることなら全部とっておきたいのが本音。

だけど・・・

けっこうな立体物作ってきちゃうんだよね、これが(笑)

絵とかカードとかなら、薄っぺらいからまだいい。
牛乳パックを使った作品なんか持って帰った日にゃぁ、
「どうすんじゃ?これ」ってな感じになってしまう。

どんどん増える子供の作品
とっておこうにもかさばって収納スペースばかりとるし、
どうしていいかわからずに持て余してる人、けっこういるんじゃない?

子供の作品、みんなはどうやって保管してるの?

どんどん増えていく子供の作品を、みんなはどうやって保存してるのか、
実際にママ友たちに聞いてみたよ。

Aさんの場合
段ボール入れて、押し入れに突っ込んでるよ~。

Bさんの場合
全部飾ってあるから、娘の個展みたいになってる。

Cさんの場合
しばらく飾っておくけど、その後にかさばる物は捨てちゃう。

Dさんの場合
兄弟が多いから全部とっておくと大変なことになる。
持ち帰ったら写真に撮って、思い切って捨てちゃうよ。

と、人によっていろいろ。

でも話を聞いてて思ったのは、子供の作品を記念に残しておきたい気持ちは
共通してるんだな、ということ。

子供に対する思いはみんな一緒なんだね。

スポンサーリンク

子供の作品をコンパクトに収納する方法

子供の作品すべてを残して起きたい気持ちはあっても、
収納スペースを考えるとなかなかそうもいかないのが現実。

何かいい収納法ってないのかな。

小さいものはファイリング

カードやお手紙、折り紙作品などの小さいものは
画用紙なんかに貼り付けて、ファイルに挟んでしまおう。
余白に日付やコメントを書き込んでもいいね!

たくさんあるように見えても、厚めのファイルを用意すれば
意外と一冊に収まってしまうもの。
陽の光で色あせしないように、少し暗めのところに保管するといいよ。

箱の中でバラバラに散らばっていた物がこれでスッキリだね。

折りたたんでしまう

そのままの形で残そうとするからかさばってしまうんだよ。

少しぐらい潰れても大丈夫そうなもの、
折り目がついても大丈夫そうなもの、
多少分解できそうなものは、
平べったく折りたたんでしまうのも一つの手。

これをやっただけで、体積は半分以下に減るよ。

もう一度見たくなったら、飛び出す絵本感覚で広げるのもけっこう楽しい。

データで収納

実際にやってる人も多いね。
写真を取って、データとして残しておく方法。
確かにこれなら収納スペースを気にする必要はないね。

でもデータのままだと、いつ何がきっかけで消えてしまうかもわからないし、
開くことなくずっとそのままになってしまう可能性も高いんだよね。

そんな時は・・・

アルバムやフォトブックで収納

一番のおすすめ収納法は、やっぱりアルバムやフォトブックにしてしまうことかな。

見たい時はすぐ手にとって見ることができるし、
何より、本一冊分のスペースがあればいいんだから、究極の収納法だよね。

写真じゃなんだか味気ないなとか、実物は捨てたくないなと思う人もいるかもしれない。
でも実際にアルバムやフォトブックを作ってみると、
『フォトブック作ったから、これはもう捨てちゃってもいいかな~』
なんて気持ちになっちゃうから不思議なんだよね。

子供の作品が溜まってきたら、定期的にチェック!

子供の作品がダンボールいっぱいに溜まった頃に、定期的にチェックするといいね。

  1. どうしてもそのまま残しておきたいもの
  2. 写真で残しておいてもいいもの
  3. 捨ててもいいもの

の3つに分けて実践みよう。
これだけで、『収納に困って持て余す』なんてことはなくなるはずだよ。

収納法をうまく活用して、思い出の作品とうまく付き合っていけたらいいね。

今回の格言

思い出は、量よりも質

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする