運動会のお弁当盛り付け術!時間をかけずに簡単キレイのコツ!

運動会、お弁当、盛り付け、詰め方、コツ

運動会のお弁当の盛り付けに苦戦したことはないかな?

何をどこにどう配置したらキレイに見えるか、
あれこれ考えて、時間ばかりかかってしまうことないかな?

子供がよろこぶお弁当作りって、意外と難易度高いよね。

そんな時の、時間をかけずにできる、
簡単キレイなお弁当の盛りつけ術を紹介するよ。

スポンサーリンク

お弁当をキレイに盛り付けるコツ

運動会のお弁当って、普通のお弁当と違って
重箱などの、ちょっと面積の広いものに盛り付けることが多いよね。

それゆえに、キレイに盛り付けるにはちょっとしたコツが必要だ。
次のようなポイントに気をつけて盛り付けてみよう。

色をバランス良く

お弁当のおかずって、わりと茶色のものが多くあるよね。
茶色ばかりのお弁当って、あまり食欲をそそらないと思わない?

そんな時は、赤、緑、黄色、の3色をうまく使うことで、
見た目のキレイさや豪華さが断然違ってくるんだ。

同じ色ばかりにならないよう、
バランスを考えながら盛り付けてみよう。

すき間を作らない

すき間だらけの、スカスカなお弁当ってどう?
魅力感じないよね。

できるだけすき間を作らないように、
きっちりと詰めるのも、キレイに見せるポイントだよ。

飾りアイテムなどもうまく利用してみよう。

断面を利用する

ゆで卵やオクラ、レンコンなど、
断面がキレイでかわいい食材はたくさんある。
そういった断面を利用するのも1つのポイント。

フライなどもそのまま詰めるより、
斜めに切ることでちょっとおしゃれになる。

少しの手間で印象を変えることができるから
オススメの方法だよ。

スポンサーリンク

時間をかけず簡単に盛り付ける方法

前もって配置を決めておく

何をどこに詰めるか、配置をある程度決めておくことは
時間をかけないためには大事なこと。

お弁当箱を見ながら考えるとイメージがわきやすいよ。

イメージできたものをメモしておくといいね。

お弁当箱を仕切る

重箱などの面積の広いお弁当箱に、
食材を盛り付けるのが難しいと感じるのは
仕切りがないことが大きな要因でもある。

だったら自分で仕切ってしまおう。

シリコンカップやアルミホイルなどで
四角いマス目状に仕切ると詰めやすくなるよ。

私のオススメ

私のおすすめは、牛乳パックで仕切る方法。

よく洗って乾かした牛乳パックを、横に4つくらいに切る。
すると正方形が4つできるので、あとはそれをお弁当箱に並べるだけ。
あっという間に仕切りができる。

牛乳パックが見えそうで嫌だなという場合は
ワックスシートでくるんでしまえばOK。
見た目もかわいくなるし、後片付けも簡単になって
一石二鳥だよ。

紙なので、お弁当箱の大きさに合わせて
切って微調整できるのもおすすめポイント。

ぜひお試しあれ。

1つの仕切りに一品

お弁当箱を仕切ったら、あとは
1つの仕切りに一品ずつ詰めていくだけだよ。

しっかり仕切られているので、なんとなーく
適当に詰めても、乱雑に見えることはない。

すべての仕切りに詰め終えたら、
ブロッコリーやプチトマトなどの飾りアイテムで
彩りを見ながら、すき間を埋めれば完成!

前日の準備が大切

お弁当箱を仕切る段階まで前日にやっておけば、
当日の調理から盛り付けまでは、1時間弱でできてしまう。

→ 運動会のお弁当作りは前日の準備で決まる!朝ラクをするためのコツとは?

あれこれ迷うこともないので
お弁当初心者でも、簡単にキレイなお弁当ができるよ。

運動会の日の朝は、何かとバタバタしがち。
時間を有効に使って、余裕のあるお弁当作りをしようね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする