妊娠線を予防するには?もしできてしまったら?

妊娠線

妊娠したら絶対に気を付けてほしいことの一つ、妊娠線。

予防するにはどうすればいい?
できてしまったらどうする?

そんな疑問にお答えするよ。

スポンサーリンク

妊娠線ってなに?なんでできるの?

妊娠線ってなに?

妊娠すると、ミミズが這ったように、皮膚に赤い筋のようなものができることがある。
それが妊娠線

妊娠線のでき方は人それぞれ。
1本しかできない人もいれば10本以上できてしまう人もいるし、
中には全くできない人もいる。

そもそも妊娠線ってなんでできるんだろうね。

妊娠線のメカニズム

妊娠すると、お腹は急激に大きくなっていくよね。
当然それに伴なって、皮膚も引き伸ばされていく。

でもあまりにも急激に引き伸ばされると、
皮膚はそのスピードについていけなくなって、
ついには真皮が断裂してしまうんだよ。

断裂した皮膚から毛細血管が透けて赤く見えたり、
ガタガタとした段差にもなるから、とても目立ってしまうんだ。

妊娠線といえば、お腹にできるものだと思っている人も多いんじゃないかな。
でもね、実はお腹だけじゃないんだよ。
おしりや腰回り、太もも、二の腕、胸にできる人もいるってことは
意外と知られていない。

できないようにするためには、しっかりと予防することが大事だよ。

妊娠線ができやすい人とは?

痩せている人

痩せている人は、ぽっちゃりしている人よりも、皮膚の面積が少ないんだよ。
その分、引っ張られる力が普通の人よりも多くかかってしまって、
妊娠線ができやすいんだ。

乾燥肌の人

乾燥肌の人はほんとに要注意!
肌が乾燥してるってことは、その時点でもう細かくひび割れてると思った方がいい。
そんな状態で大きく引っ張られる力がかかったら、
たくさんの妊娠線ができてしまう可能性があるよ。

高齢出産の人

肌は、年齢を重ねるごとに柔軟性を失っていくんだ。
若い人よりも妊娠線ができてしまう確率が高いよ。

双子以上の子を妊娠した人

これは当然と言えば当然だよね。
2人分お腹が大きくなるわけだから、1人だけ妊娠した場合とはわけが違う。
皮膚にかかる力は倍増してしまうよ。

スポンサーリンク

妊娠線の予防と対策

妊娠線は、しっかりと予防をすることで最小限に抑えることができるよ。

どんな予防法があるんだろう。

保湿ケアを怠るな

妊娠線を予防するのに、なによりも一番大切なのが保湿
特にお風呂上りは乾燥しやすいから、しっかりとケアしようね。

妊娠が分かった時から産まれるまでの間、
毎日かかさず保湿することが肝心だよ。

クリームやローションを、これでもか!ってくらい、たっぷり塗るのがポイント。
腰回りや太もも、胸など、お腹以外のできやすい場所も忘れずに。

体重管理をしっかりと

妊娠してからの体重が増えすぎるのは、
妊娠中毒症につながる可能性があるから気を付けるように、
って病院で教わったかな?

でも体重管理をすることは、妊娠中毒症のためだけじゃないんだよ。
妊娠線の予防にもつながるんだ。
急激に体重が増えたら、その分皮膚にかかる力も多くなってしまうよね。
当然妊娠線のでる可能性は高くなる。

目指すのは、緩やかな体重増加。

ウォーキングやマタニティビクスなんかで、
ほどよく体を動かして、上手に体重管理をしていこう。

無知と油断が引き起こした、妊娠線ケア失敗談

私は、最終的に妊娠線がバッチリできてしまった人間の1人。

やっぱり妊娠線なんてできるのはイヤだったから、
妊娠がわかった時からずっと、かかさず保湿クリームを塗っていたんだよ。

出産の一週間前まではね・・・

その頃にね、ちょうど保湿クリームを切らしてしまったんだ。
でも、車で一時間かかるところまで行かないと買えなかったし、
もうお腹も大きくなるところまでなってて、これ以上は膨れないだろう、
一週間くらい平気だよね、なんて思ってしまったんだよね。

それが大きな間違いだった。

出産の一週間前までは妊娠線なんてまったくなかったんだよ、ほんと。
それなのに、保湿を怠ったばかりに、最後の一週間で見事な妊娠線がくっきりと!
しかも、お腹だけじゃなくて胸にまでもできていたんだ。

ちょっとの油断で、それまでの努力が水の泡。
悲しかった。
最期まで保湿し続けることの大切さを、その時初めて知ったよ。

でもね、
妊娠線ができたことは残念だったけど、こうも思ったんだ。

「これって、子供をお腹の中でちゃんと育てた証だよな」って。

もしも妊娠線ができてしまったら

残念ながら、妊娠線は一度できてしまったら、
外科的な処置をするしか消す方法はないんだ。

けれど、もしも妊娠線ができてしまっても悲しんだりする必要なんかないよ。

ちゃんと子供を育てたんだ、って自信を持てばいいんだよ。

ママになったんだ、って誇りを持てばいいんだよ。

まだまだこれから先、大変なことは山ほどある。
気にして落ち込んでる場合じゃないんだ。
過ぎたことよりも、これからのことを考えていこう!

今回の格言

妊娠線は母の勲章

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする