お年玉の金額の決め方!赤ちゃん~高校生まで年齢別の相場はいくら?

お年玉、金額、赤ちゃん、小学生、相場

お年玉っていくらあげればいいんだろう?

自分に子供がいない時は、
「こんなもんかな」くらいであげていたお年玉も、
子供が産まれて、もらう側の立場になると
あれこれ考えて迷ってしまうことあるよね。

お年玉の金額の決め方や、年齢別に見た相場をまとめてみたよ。

スポンサーリンク

お年玉の金額の決め方

自分の子供が先にもらった場合と
自分の方から先にあげる場合とでは、
あげる金額は変わってくる。

自分の子供が先にもらった場合は、お返しの意味もあるので
もらった額と同等の金額をあげるのが一般的だ。

逆に、自分の方から先にあげる場合は、
相手の年齢に見合った金額をあげることが望ましい。

年齢別の相場は次の項目で説明するけれど、
年齢に見合わない高額なお年玉は、
もらった側も困ってしまうことがあるので注意しよう。

年齢別の相場

赤ちゃん(0歳)

そもそも、生まれて間もない赤ちゃんにお年玉は必要なのか?

これについてはいろいろな意見があるけれど
「あげない」という人の方が多く見られる。
一方では「あげる」という人も。
絶対にあげなければいけない、というものではなさそうだ。

お金をあげる場合は、1,000円くらいが相場。

赤ちゃんはお年玉の意味なんてわかってないし
自分で何かを買うわけでもない。

だから、お金の代わりに、おもちゃや絵本、洋服などを
お年玉として渡すことも多いよ。

幼児(1歳~6歳)

幼児のお年玉の相場は、
だいたい1,000円~2,000円くらい。

この年齢のお年玉は、必然的に親が管理することになる。
渡す時に「これでおやつでも買ってもらってね~」
なんて一声があると、もらう側も受け取りやすいね。

小学生(低学年)

小学生の低学年は2,000円くらいが相場。

この頃になると、一人で買い物することも少しずつ増えるから、
お年玉もらうことの嬉しさや
ありがたみもわかるようになってくるよ。

スポンサーリンク

小学生(高学年)

お年玉を一番心待ちにしている年頃だね。

高学年のお年玉相場は3,000円くらい。

もうすぐ卒業を控えている子には
卒業祝いを一緒に渡すこともあり、
その場合は1万円が相場となっている。

渡す時は、卒業祝いも兼ねていることを
一言そえておこう。

中学生・高校生

中学生や高校生の相場は、どちらも5,000円くらい。

お金の管理を自分でできる年齢であることや
小学生と違って、欲しいものの価格も高額であることが多いことから
一般的にこの金額が妥当とされている。

中学生との差をつけるため、
高校生には1万円をあげることもあるようだ。

お年玉のタブー

お年玉をあげる時にやってはいけないことがある。

それは、4000円など、『4』のつく金額を渡すこと。

4という数字は昔から縁起が悪いとされ
忌み嫌われている。

現代ではあまり気にしない人も多いけれど、
よく思わない人もいるので注意しよう。

→ 知っておきたいお年玉のマナー!

まとめ

お年玉は、子供が喜ぶからと
たくさんあげればいいというものではない。

年末年始はなにかと出費が多いもの。
相場の金額はあくまでも参考程度にしておいて。

お年玉が家計を圧迫なんてことがないよう、
無理のない範囲で用意してあげようね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする