雨の日だってドキドキワクワク。室内で楽しく過ごす方法

雨の日

いよいよ梅雨が始まったね。
外で遊べなくて退屈がっている子も多いんじゃないかな。

雨の日でも、楽しく一日を過ごしたいよね。

スポンサーリンク

雨の日はやっぱり退屈

雨が降ったら、室内で遊ばせられるような場所があればベストなんだろうけど。
都会ならたくさんありそうだけど、田舎ではそんな場所なかなかないよね。

わたしも田舎暮らしだから、その大変さはよくわかるよ。

雨が降るたびに
「退屈~~~~!なんかしてあそぼーよ~」
と、遊ぼう攻撃をくらってるし(笑)

室内での遊びって、けっこう制限されちゃうよね。

なにして遊ぼうか~、って悩んじゃう。
そんな時にお勧めしたい遊びをいくつか紹介するよ。

夢中になれるものを見つけよう

子供って何かに夢中になっている時って、一人でもけっこう平気で遊んでくれるよ。
その世界の中に入り込んでしまうんだろうね。

ならばいっそ、子供が夢中になれるものを探してみたらどうかな。

図書館へ行ってみる

絵本がたくさん置いてあって、しかも無料!
こんなうってつけの場所はないよ。

車の好きな子は自動車の本を。
動物の好きな子は動物図鑑を。
お話の好きな子は物語の絵本を。

とにかく色々な本があるので、どんな子でもお気に入りの本を必ず見つけられるはず。

さらに図書館では、絵本の読み聞かせをやっているところも多くあるので、
字が読めない小さい子でも楽しむことができるんだ。

他にも、けん玉やお手玉などの昔の遊びを教えてくれたり、
食育や工作などのイベントを行っているところもあるから、
ぜひ利用してみて。

もちろん、館内で騒がない、走らないなど、最低限のマナーを守ることは必要。
出かける前にしっかりお約束しておこうね。

小さな子でもその場の雰囲気を察っするのか、意外と静かにしていられるものだよ。

工作をしてみる

自分で遊ぶおもちゃを手作りしてみるのはどう?
完成させた満足感と愛着がわくので、夢中になって遊んでくれるよ。

はさみやのり、テープやホチキスなどの使い方の練習にもなるしね。

作り方はネットで調べると色々出てくるけど、
図書館で工作の本を借りて来るのもいいかもしれない。

男の子なら釣りゲームやゴムで動く自動車、
女の子ならおままごとに使う食材や着せ替え人形なんかどうだろう。

他にも簡単に作れるおもちゃはいろいろあるので、チャレンジしてみよう。

スポンサーリンク

家の中でアスレチック

体を動かすのが好きな子におすすめ。

アスレチックとは言っても、マスキングテープがあれば簡単にできるよ。
テープを床に貼って、自分だけのアスレチックを作っていくんだ。
いわば「ごっこ遊び」だね。

例えば、2本を平行に並べて貼れば一本橋の完成!
まっすぐだけでなくクネクネした橋や、途中に障害物を置いてもいいね。

橋から落ちたらワニに食べられちゃうよ~!
とか言いながら遊ぶと盛り上がるよ。

他には、壁から20cmくらいのところに線を引いて崖の上の道を作ってみたり、
大きな丸を作って池を泳いで渡るようにしてみたり、
発想次第でいろんなことができるね。

ケンケンパもお勧めだよ。
普通のケンケンパのリズムもいいんだけど、
途中でケンケンの数を増やしてみたり、パだけが延々続くようにしたり、
手をつくマスを作ってみたり、意表をつかれる感じにすると
「なにこれ~~~~!」って言いながら楽しそうにやってるよ(笑)

それらを組み合わせて、一つのコースにしてみるのも楽しいね。
おもちゃのジャングルジムを途中に置いてみたり、
ぬいぐるみを敵に見立てて置いてみたりすると喜ぶよ。

狭い家だと家中マスキングテープだらけになってしまうのが欠点だけど、
何度でも自由に作り変えられるから、飽きずに遊んでくれるよ。

いろいろ使えるマスキングテープ

マスキングテープは、アスレチック以外にも色んな遊びに利用できる。

  • テープで道路を作って、トミカやプラレールを並べれば大きな街の完成。
  • 部屋中に迷路を作ってみる。
  • カーリングの的にしてみる。
  • 廊下にくもの巣状に張り巡らせ、テープの隙間を潜り抜ける赤外線レーザーごっこ

などなど。

どんな遊びができるか、子供と一緒に考えてみるのもいいね。

マスキングテープは100円ショップでも売ってるよ。
ペンキ用の白い無地の物なら、2個セット100円とかで買えるから
利用してみて。

雨の日のために、ぜひ常備しておきたいアイテムだね。

雨の日はチャンス!

雨が降ると、思うように出かけられないのは大人も一緒。
そんな時こそ子供との信頼関係を深めるチャンスだよ。
たくさんスキンシップをとってあげよう。

「外出られなくて退屈だな~」よりも、「雨でも楽しいことはたくさんあるね」
そんなふうに思えるきっかけを、ぜひたくさん作ってあげてほしいんだ。

今回の格言

雨の日だからできることがある

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする