お盆休みに今からでも間に合う!子供と帰省ラッシュを乗り切る準備と対策!

お盆休み 帰省 ラッシュ 準備 対策 子供

お盆休みに田舎へ帰省する人も多いんじゃないかな?
毎年帰省ラッシュの様子はテレビでも話題になるよね。

できれば避けたい帰省ラッシュ
でも仕事やなんかの都合で、そうそううまくは避けられない。
まして子供を連れてとなると大変だ。

子供を連れての帰省ラッシュをうまく乗り切るために
今からでもできる準備と対策を考えてみよう。

スポンサーリンク

子供を連れての帰省が大変な理由

子供を連れての帰省はなぜ大変なんだろう?

その時の状況にもよるだろうけど、

  • 大きな荷物と子供の両方抱えて歩かなければいけない
  • 自由にトイレに連れていけない
  • 授乳ができない
  • 移動時間が長くて飽きる、ぐずる

というのが、主な理由なんじゃないかな。

でもこれは、前もって準備と対策をしておくことで
ある程度は回避できるんだよ。

帰省ラッシュを乗り越えるための準備と対策

子供を連れての帰省ラッシュをうまく乗り切るための、
今からでもできる準備と対策を理由別に見てみよう。

大きな荷物と子供を両方抱えて歩かなければいけない

帰省する時ってどうしても荷物が多くなるよね。

車ならなにも問題ないけれど、
新幹線など公共の乗り物を使うとなると、大きな荷物を抱えながら
さらに子供を抱っこしたり手を引いたりしなくちゃいけない。

これって大きな負担だよね。

荷物が多くて大変なら、その荷物を減らしてみたらどうかな。

すぐに必要なものだけ手荷物として残して、あとは宅配便で帰省先に送ってしまおう!
先方には、子供がいて大変だという旨伝えて
荷物を受け取っておいてもらうといいね。

少し荷物が減っただけでも、だいぶ楽になるはずだよ。

自由にトイレに連れていけない

車で帰省する時は特に困るよね。
渋滞にハマってしまうとなかなか動けなくなるし、
サービスエリアに着いても、トイレは長蛇の列なんてことも。

新幹線の場合でも、ラッシュ時は通路にまで人がぎっしりだから
トイレにたどり着くまでとても大変だったりする。

しかも子供って、「トイレ行きたい」って教えてくれる頃には
すでに緊急事態になっていること、多くない?
もっと早く教えてくれよぉ~って思う。

乗り物に乗る前に、必ずトイレに行っておくのは当たり前。
そして、トイレに行けるチャンスがあったら
たとえ子供が「出ない」と言ったとしても、
とりあえず行かせておくことが大事だよ。
子供の「出ない」はあてにならないからね。

また、水分を少し控えめにするとか、
携帯トイレを用意しておくとか、
おむつを履かせることも考慮してみよう。

前もって、混んでいるからトイレは自由に行けないこと、
ちょっとでもトイレに行きたいなと思ったらすぐに教えること、
なんかをしっかりと話しておくといいね。

スポンサーリンク

授乳ができない

乳児の場合は大きな問題だね。

人目を気にせずオープンに授乳している人をこれまで何度か見たことがある。
でもやっぱり見ていて気持ちのいいものではないし、そんな勇気もないよね(笑)

やっぱりミルクで対処するのが一番いい方法なんじゃないかな。

けれど、母乳一筋でやってきた赤ちゃんはミルクを飲まない場合もある。
そんな時は授乳ケープを利用してみよう。
ママと赤ちゃんをすっぽりと包んでくれて、周りからも見えないから安心だよ。

隣に見ず知らずの人が座っていたら一言声をかけるなど
周りへの配慮も忘れないようにね。

移動時間が長くて飽きる、ぐずる

この「移動時間が長くて飽きる、ぐずる」というのが
最大の困り事だという人は多いよね。

子供って長時間じっとしていられないから、
こまめに休憩をとって、体力を発散させてあげよう。

一日のサイクルがある程度決まっているなら、
お昼寝の時間を狙って移動するのもいいね。

なによりも退屈させないことが大事だよ。

  • おやつを用意しておく
  • お気に入りの絵本やぬいぐるみを用意しておく
  • しりとりなどの簡単なゲーム

など、飽きさせない工夫をしよう。

窓の外を見ながら、普段とは違う景色のことを話したり、
帰省先でどんなことをしたいか話し合うのも楽しいね!

→ 帰省したら子供に体験させたい4つのこと!

まとめ

帰省って、ちょっとした旅行気分だよね。

目的地に付くまでにグッタリなんてことになったら、旅行気分は台無し。
子供たちにとっては一大イベントだし、大変だった思い出として残ってほしくはない。
楽しかった!!って思ってほしいからこそ、余裕のある計画と
準備はしっかりとしておくことが必要だね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする