衝撃!子供の頭にシラミが?!原因と症状!感染したらやるべきことは?

シラミ、アタマジラミ、原因、症状、駆除

「なんかさぁ、頭にシラミいるんだけど」
と、10日ほど前に息子が言った。

「まさか、いるわけないでしょ」と
軽く流す私。

その時に見ていた図鑑の影響を受けて
「また変なこと言ってるし~」
くらいにしか思ってなかったんだ。

スポンサーリンク

ほんとにいた!アタマジラミ

それから10日ほど経った今日の昼過ぎのこと。

「頭から虫が落ちてきたんだけど」
と、セロハンテープに挟まれて標本みたいになってる
小さな虫を見せられた。

息子の図鑑を引っ張り出して見比べてみる。

「うへっ!マジか」

色といい、形といい、大きさといい、
図鑑に載ってるアタマジラミそのものだった。

慌てて息子の髪の毛をかき分けて見てみたら

あったよ。
白くポツポツと、大量の卵たち。
そして小さな幼虫も1匹発見。

このご時世にシラミ?!
かなり衝撃だ・・・。

感染の原因と症状

実はこのご時世でも、シラミに感染することは珍しくない。
特に12歳以下の子供の間で急増しているんだ。

感染する原因は?症状は?
そして、なぜ子供に多いのか?

感染する原因

シラミは人から人へ感染する寄生虫。

「不潔にしていると感染する」なんて
思われがちだけれど、実はそれは大きな間違いだよ。

どれだけ清潔にしていても、身近に感染した人がいると
ちょっとしたことですぐに感染してしまうんだ。

子供がシラミに感染する経路は主に2つ。

子供同士で頭を寄せ合う

子供同士って、けっこう密着する機会が多い。

例えば、一人がゲームをしている時に、
画面を見ようと他の子も覗き込んで
頭を寄せ合うよね。

また、体育の授業なんかで
頭を寄せ合うこともある。

その時に、接触した髪から髪へと、
簡単に乗り移ってしまうんだ。

プールなどの公共施設

プールなどの公共施設では、
沢山の人が同じロッカーを共有する。
そこから、タオルなどを介して感染することがあるんだ。

またシラミは水の中でも生きていけるため、
プールの中で感染する可能性もある。

なぜ子供に多いのか?

子供がシラミに感染する経路を見てもわかるように、
頭同士が接触する機会が多いこと、
学校でのプールの授業や、水泳教室に通う子が増えたことが
子供に多い要因の1つだ。

また、子供は大人に比べて体温が高く、
自分では気づきにくいため、繁殖に適した環境と言える。

シラミが子供に急増しているのには
そんな理由もあるんだね。

症状

シラミに感染すると、
とにかく激しいかゆみに襲われる。

シラミは、頭皮から血を吸って生きているのだけれど、
その時に、血が固まらないように唾液を注入している。
その唾液にアレルギー反応を起こして痒くなるんだ。

そして、髪の毛に白くポツポツとした卵を産み付ける
根本に近い方に産むので掻き分けないとわからないけれど、
一週間ほどで孵化してしまうので、
爆発的に増える前に対処しておきたい。

シラミ、卵

今思えばうちの息子も、
夏頃から、事あるごとに頭を掻きむしっていた。

ちょうどその頃から、お風呂に一人で入るようになっていたから、
「ちゃんと頭洗えてないのかも」くらいに思っていた。
でもその時にはすでに感染していたんだろうな。

そりゃ痒いわけだ。

すぐに気づいてやれなかったことに
とても申し訳なさを感じてしまうよ。

子供が頭を痒がるようになったら要注意!!

スポンサーリンク

感染したらやるべきこと

幼稚園や学校へ報告

シラミに感染していることがわかったら
まずは幼稚園や学校へ報告しよう。

自分の子供が感染しているということは、
他に感染源となっている子がいる可能性もあるし、
お友達にうつしてしまっている可能性もある。

自分の子供だけ駆除しても、
巡り巡ってまた戻ってくることだってあるからね。

ただ気をつけなければいけないのは、
「シラミは不潔だから感染する」という偏見が
未だに多くあるということ。

シラミが原因でいじめに合うなんてことは避けたい。

個人を特定できないように配慮してもらったり、
子供たちにも正しい知識を身に着けてもらえるよう
お願いしておこう。

シラミの完全駆除

当然、シラミは完全駆除しなければならない。

駆除する方法は

  1. 駆除剤を使用する
  2. 専用の櫛で除去する

の二通りの方法がある。

一般的には両方を併用して完全駆除することが多いけれど、
専用の櫛だけで駆除することもできるよ。

詳しい駆除の仕方は、別途記事にしてみたので
ぜひそちらも参考にしてみてほしい。

→ 子供に急増するシラミを完全駆除!簡単にできる2つの方法!

まとめ

近年、シラミがまた増え始めているという情報は
どこかで聞いて知ってはいたけれど、
どこか他人事で、うちには関係ないと思ってた。

でも、幼稚園や学校で集団生活をしている以上、
少なからず感染の可能性があるということを
しっかりと認識しておくことが大事だと思い知らされた出来事だった。

日頃からのチェックが大切だね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする