小学校の入学準備に必要なもの!かかる費用と始める時期は?

小学校、入学、準備、いつから、必要なもの、費用

小学校入学準備って、いつから始めたらいいの?
必要なものは?
費用ってどのくらいかかるの?

初めての入学準備で誰もが感じる
そんな疑問についてまとめてみたよ。

スポンサーリンク

入学準備はいつから始める?

入学準備はいつから始めるのがベストなんだろう?

ランドセル

必ず使うランドセルは早い段階で準備してしまってかまわない。
早い人では夏休み前に購入することもあるくらい。
一般的には10月~11月に購入することが多いけれど、あまり遅くなると
気に入ったデザインのものが手に入らないこともあるので注意しよう。

小学校、入学、準備、いつから、必要なもの、費用

学用品・文房具

学用品、文房具などは2月~3月にかけて用意していくのがベスト。

1月の中頃から2月にかけて、入学説明会が行われるよ。
その時に、1年生で必要なものについての説明もあるはずなので、
必ずそれを聞いた後で準備をしよう。

学校によって必要なものは違うこともあるし、
キャラクターものはダメとか、色の指定など、
細かな規定がある場合も。

また、地区の自治体から支給されたり、
学校側でまとめて用意してくれたりすることもあるので、
早まって準備してしまうと「失敗した!」なんてことにもなりかねないよ。

説明会の後からでも十分間に合うから焦らずにね。

必要なものリスト

1年生で必要なものは概ねこんな感じ。

入学時に必要なもの

□ランドセル
□上履き
□入学式用スーツ

□体操着(半袖・長袖)
□紅白帽
□筆箱
□鉛筆(Bか2B)
□消しゴム
□赤鉛筆、青鉛筆
□定規
□下敷き
□のり
□ハサミ
□色鉛筆
□鉛筆削り

□雨傘
□防犯ブザー

入学後必要になるもの

□算数セット
□各教科ごとのノート
□リュックサック
□水筒
□鍵盤ハーモニカ
□絵の具セット
□水着・水泳帽
□その他の教材など

小学校、入学、準備、いつから、必要なもの、費用

学校によって必要なものは違う

上記では、どこの学校にも共通するであろう物だけをリストアップしてあるけれど、
学校によって必要なものはちょっとずつ違うんだよ。

中には防災頭巾が必要だったり、給食用の箸やおしぼりが必要だったり、
雪が降る地域では冬にスキーセットが必要になる学校もあるよ。

自分の子供が通う小学校がどんな特色のある学校なのか、
あらかじめ、近所の人やママ友などから情報をもらっておくといいね。

スポンサーリンク

入学準備にかかる費用

どんなものを選ぶかにもよるけれど、リストアップしたものを全部揃えるとすると
10万円~15万円くらいを見積もっておく必要があるよ。

その他に学習デスクを購入するならもっとかかってしまうし、
入学してからも小さな出費が度々出てくるもの。

給食費、教材費、PTA会費、損害保険料、遠足代など、
合わせるとその金額は決して安いものではない。

無駄な出費は極力避けて、今後に備えておこうね。

小学校、入学、準備、いつから、必要なもの、費用

わが家の入学準備はこうだった!

3年前に息子が小学校へ入学する時は私も
「入学準備っていくらかかるんだろう?」
という不安がとても大きかった。

ランドセルはおじいちゃんおばあちゃんに買ってもらうことも多いようだけれど、
事情があって我が家はそれも期待できなかったから余計にね。

それでも、12回払でなんとかランドセルを購入し、
あとは学用品だな~と思いながら入学説明会に参加。

するとそこで、あることが判明。

学用品の大部分を、市が全額負担で全員に支給してくれるという。
実質タダ!
ラッキ~♪

一部は半額負担だが、それでも2000円弱。
安いものだ。

結局、入学時に自分たちで買い揃えたのは

  • ランドセル
  • 筆箱
  • 下敷き
  • 入学式用スーツ
  • 体操着
  • 上履き

くらいのものだった。
占めて7万円ほど。

まぁ後々、鍵盤ハーモニカやら絵の具セットやら買う羽目にはなるのだけど、
それでも入学前の準備で費用を抑えられたのは、けっこう大きかったよ。

早まって、あれこれ買ってしまわなくてよかったな、と実感した出来事だった。

まとめ

入学準備って、子供だけじゃなく、大人もちょっとワクワクしてしまうもの。
でも張り切ってあれこれ準備してしまうと、後で後悔するよ。
しっかりと情報を集めて、無駄のない入学準備をしようね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする