熱中症の原因と予防対策!子供のほうが熱中症にかかりやすい!?

熱中症

いよいよ夏がやってくるね。

夏はレジャーなど楽しいこともたくさん。
けれど毎年、熱中症で救急搬送されたなんていうニュースをよく目にする。

暑い夏を楽しく過ごすために気を付けたい。
今回は熱中症の話だよ。

スポンサーリンク

暑い夏は要注意!熱中症と健康管理

熱中症は子供の方がかかりやすい

熱中症は気温が高いとなりやすいと思われがちだけど、
実は地面からの照り返しも大きく関係してるんだ。

そのため大人より、地面からの距離が近い
子供の方が熱中症にかかる可能性が高いんだよ。

特に、子供をベビーカーに乗せる場合は要注意。
ひさしで直射日光を避けたとしても、地面からの距離が近いため
反射熱をまともに受けてしまう。

ベビーカーに乗るくらいの小さな子は、
暑さや体調の悪さをうまく伝えることができないから十分注意しなくちゃね。

原因と対策

熱中症の原因は、体温が上がることにより体の中の水分や塩分が不足するため。
「こまめに水分をとりましょう」ということはよく知られているけど、
水分を摂っただけではダメだということは意外と知られていないんだよね。

塩分を摂ることも忘れないでね。

乳児は塩分をとることはなかなか難しいけど、
離乳食を食べられるくらいの子であれば、
子供用の柔らかいおせんべいがオススメ。
持ち歩くのにも便利だしね。

ちなみに、
熱中症予防のためにスポーツドリンクを飲ませているママもいると思う。
確かにスポーツドリンクは体液に近く吸収されやすいという利点があるんだけど、
ただ思った以上に糖分が多く含まれているから、飲ませすぎには注意してね。

スポンサーリンク

症状

熱中症の前兆として、汗が出にくくなることがあるんだって。
他には口の渇き、めまい、頭痛、吐き気などがあり、
重度になると嘔吐、痙攣、意識を失うこともある。

応急処置

もしも熱中症かなと思ったら、まずは木陰や冷房の効いた建物に入ろう。
それ以上体温をあげないことが大切だよ。

意識がある場合は水分を摂らせ、体を冷やしてあげよう。
大きな血管が通っている首、脇、足の付け根などを冷やすのが効果的。

ぐったりしている場合や意識障害などある場合は、すぐに救急車を呼んで病院へ。

熱中症かなと思ったら、早急な対応をすることが一番大切だよ。

熱中症にかからないためにできること

特別な用がない限り、気温の高い日はできるだけ外出を控えた方がいいかもしれないね。

出かける時は水分を持ち歩いて、日陰を歩くようにするなどして
体温を上げすぎない工夫が必要。

予防グッズもたくさん売られているから、利用するのもいいね。

また寝不足や疲れ、食生活の乱れなどもかかりやすくなる原因だから、
規則正しい生活を心がけることも大切だよ。

パパやママも気を付けて!

子供の遊びに付き合うのって、結構大変なんだよね。
パパやママは子供のことばかり気になって、自分のことはおろそかにしがち。

実を言うと私も、子供に合わせすぎて軽い熱中症になったことがあるんだ。
自分ではなかなか気付きにくくて、まだ大丈夫!って思っちゃうんだよね。。

私のように、無理をして自分が熱中症の症状があることに気づかない、なんてことにならないよう十分気を付けてほしい。

しっかりと健康管理をして、楽しい夏を過ごしてね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする