小学校の通知表はどう見ればいい?子供を伸ばす通知表の正しい見方!

小学校、通信簿、通知表、成績、見方

今の小学校の通知表と、
私達、親世代の通知表とでは、
明らかな違いがあることを知ってるかな?

子供の通知表を見て、その評価をどうとらえたらいいのか
戸惑ってしまう親も多いんだよ。

そこで、小学校の通知表の正しい見方と、
その後通知表の評価をどう活かしていけばいいのか、
考えてみよう。

スポンサーリンク

通知表の評価、今と昔の違い

昔の通知表

私達の子供の頃、
小学校の通知表は1~5までの、5段階評価だった。

これは『相対評価』と呼ばれるもので、
他の子供と比べた時の評価の仕方なんだ。

だから、クラスで5は何人、4は何人、というのが
ある程度決められていた。

例えば、5や4や3の評価に値する子が多ければ、
さほど成績が悪くなくても、人数の関係で
2の評価を受けてしまうこともあったんだよ。

今考えると、ちょっと理不尽な付け方だったんだなって思う。

今の通知表

今の通知表は、◎、○、△
もしくは、A、B、C、の3段階評価になっている。

これは『絶対評価』によるもの。

ここまで到達できたら◎
ここまでなら○
それ以下なら△
というように、評価の基準が決められていて
人数の制限もない。

他の子との比較じゃなく、子供そのものの
学習の達成度を表しているんだ。

子供一人一人をしっかりと評価できるようになったんだね。

通知表の目的と内容

通知表の目的

そもそも通知表ってなんのためにあるんだろう。

学校での生活の様子や、成績の良し悪しを
保護者へ知らせるため?

確かにそういった理由もある。

でも、通知表の一番大切な目的は
子供のやる気を高めることなんだ。

そのことを念頭におきながら見ていこう。

通知表の内容

通知表の内容は、学校によって多少の違いはあるけれど
概ね5つの項目に分けられている。

学習の記録

通知表の一番メインとなる部分だ。

一つの教科の中でも、

「自分から積極的に取り組むことができた」
「言葉の意味をよく理解できている」

など、項目がいくつかに分かれている。
そしてそれぞれ

◎=よくできた
○=できた
△=もう少し

の3段階で評価される。

→ 勉強ができる子になるかどうかは国語力で決まる!

生活の様子

生活の記録も

「きまりやルールをきちんと守れる」
「整理整頓ができる」
「友達と協力することができる」

などの項目に対して、3段階で評価される。

先生からの所見

よくできた、できた、もう少し、の3段階で評価しきれない部分が
短い文章で記録される。

係の仕事を頑張ったとか、なわとびを頑張ったとか、
主に頑張っていたことを書くことが多いよう。

出欠席の記録

出席数と欠席数が記録される。
ちなみに、指定された感染症(インフルエンザやおたふく)と忌引は
欠席数には含まれない。

家庭から

家庭から先生あてのコメントを書く。
学校によってはコメント欄を設けていない場合もある。

コメントの書き方はこちらも参考に。
→ 小学校の通知表で保護者コメント欄に悩んだら?書き方のコツと記入例!

スポンサーリンク

正しい通知表の見方

このように、5つの項目に分かれている通知表だけれど
見るべきポイントは2つ。

よくできたところを探す

先にも述べたように、通知表の目的は
子供のやる気を高めることだ。

通知表を見て、いきなり
「なんなの?!この成績は!!」
なんて言われたら、やる気をだすどころか
逆に気持ちは萎えてしまうよね。

「どうせできないし」とか、
自己評価を下げてしまう原因にもなりかねない。

通知表を見たら、まずは
良いところを見つけて褒めてあげることから始めよう。

「◎が5つもついてる!すごいね!」
「算数が1学期よりもよくなってるね!頑張ってるんだね!」
など、小さなことでOK。

なんなら、「一回も欠席しなかったんだね。すごーい!」
なんてことでもかまわない。

『やればできるんだ』という
自信を持たせてあげることが、何より大切だよ。

改善できるところを探す

褒めることは大事。
でもそればかりでは進展しない。

もう少し頑張ってほしいところは
しっかり伝えておこう。

「ここをもう少し頑張れば、得意な国語がもっと楽しくなるよ!」
「△になっているところは、どうすれば良くなると思う?」

などと、改善できそうなところをどうすればいいか
子供と一緒に考えてみるといいね。

子供が、自ら解決策を導き出せるようになるのが最終目標。
決して、○○しなさい!と、押し付けにならないように注意しよう。

また、褒めることより改善点の指摘の方が
多くならないようにも気をつけてほしい。

褒める=8割
指摘=2割

やる気を損なわないために
多くてもそのくらいにしておこう。

また、終わる時は
「よくできました!次もがんばりましょう!」
と、前向きな言葉で終わるようにしようね。

まとめ

当然だけど、通知表だけで
子供のすべてを評価することはできない。

先生によっても考え方やとらえ方は全然違うし、
評価の仕方も変わってくるからね。

通知表はあくまで
学校での子供の様子を知る、1つの目安でしかない
ということを忘れないでおこう。

評価が悪かったからと言って
落ち込んだり、子供を叱ったりする必要はない。

それよりも、その評価をどう今後につなげていくかが
大事なポイントだよ。

良いところは今以上に、足りないところはよりいっそう、
伸ばしてあげられるような声がけをしていこう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする