小学校のPTA役員なんてやりたくない?!実は意外とメリットは多い!

小学校、PTA、役員、やりたくない、メリット

小学校PTA役員なんて、はっきり言って面倒だ。
できればやりたくなんかない。

私を含め、大部分のママはそう思っているに違いない。

でも「やりたくない」じゃ済まされない現状がそこにはある。

毎年のようにPTA役員をしている私が
見て聞いて感じたことを包み隠さずお伝えしたい。

スポンサーリンク

なぜ役員をしているの?

私がなぜ毎年PTA役員をしているのか。
その理由は簡単。

全員強制参加だから(T T)

私だって仕事してるし、休み取りにくいし、
できれば避けて通りたい道ではある。

でも、共働き世帯が当たり前になっている今では
「仕事してるから」というのは、免除の理由にはならないのだ。

PTA退会とか、断固拒否とかいう手もあるにはあるけれど、
子供への影響を考えると、かなりの勇気と忍耐力が必要だと思う。

私には無理。

ということで、流れに任せて
毎年のように役員をしているわけ。

私自身あまり社交的な方ではないので、
イヤイヤ引き受けた役員だったけれど、

でもね

毎年終わってみると、
やって良かったなって思うこともたくさんあるんだ。

スポンサーリンク

PTA役員は意外とメリットがある

学校での子供の様子が見られる

ほんとなら、参観日とか運動会、発表会など
特別な行事でもないと、
学校での子供の様子を見ることはできないよね。

でも、PTA役員をやると学校へ行く機会が増えるから、
合間にちょっと授業をのぞいてみたり、
休み時間に話をしたり、なんてことができる。

普段あまり見られない学校での様子を見ることができるんだ。

特に、新一年生は初めてのことだらけ。

どうしてるかな?
大丈夫かな?

なんて心配になること多いよね。

新一年生のママにとって、学校での様子がわかるというのは
一番大きなメリットなんじゃないかな?

学年の枠を超えた情報が得られる

PTA役員はどの部門も、1年~6年までの
子供を持つママたちが入り混じって活動することが多い。

そんな中で、

6年生になると〇〇が必要になるよ!

とか、

運動会の場所取りはこの辺がおススメ!

とか、

〇年生ではこんなことやるんだよ!

とか、

先輩ママからいろんな情報を教えてもらえるようになるよ。

その時になって慌てないように前もって準備できるし、
困った時も「こうするといいよ」と
アドバイスをもらえたりするので、とても助かるんだ。

時には、おさがりをもらっちゃうこともあったりして。

特に、初めての子供だとわからないことだらけ。
学年の枠を超えた情報
色々教えてもらえるのはありがたいよね。

先生とも話がしやすくなる

PTA役員をする上で、先生方との連携は必要不可欠。
顔を合わせる機会も多くなる。

役員の仕事のことで色々話をしているうちに
先生との距離もだんだん近くなってくる。

先生との距離が近くなると、
子供の様子を詳しく教えてもらえたり、
相談しやすくなったり。

子供の印象も良くなるなど、メリットは多い。

人脈が広がる

役員をしていると、
いろんな人と話をする機会が増える。

自然と人脈が広がっていくんだ。

交友関係が広がっていけば
それだけ情報交換もたくさんできるし、
気の合うママ友ができれば、それはそれで楽しいよね。

知り合いがたくさんいるということは、
ある意味、大きな強みにもなるんだよ。

子供同士のトラブルを回避しやすくなる

例えば子供同士がケンカをした場合、
休み時間などを見計らって

「〇〇くんに嫌な思いさせちゃったみたいで、ごめんなさいね」

と、相手の子にひとこと言っておくだけで
それ以上こじれるのを防げたりするよ。
学校という公共の場を利用できるというのがポイント。

また、相手の子供のママに

「〇〇くんとケンカしてるみたいなんだけど、
お家ではどんな様子?」

と聞いてみたり、
それとなく仲直りを促してもらったり。

相手のママと良い付き合いができていれば
子供同士のトラブルを回避しやすいというメリットもあるんだ。

 デメリットはないの?

もちろん、メリットだけではない。
デメリットも存在する。

働いている人は、活動日のたびに休みをとらなくちゃいけないし、
仕事内容もなかなか面倒だし。

そしてデメリットの中でも、
ママ同士がトラブルになったというのはよく聞く話。
一旦トラブルに巻き込まれてしまうと、
精神的に苦痛でしかなくなる。

うまくやっていくためにはどうしたらいいのか。
しっかり考えながら進めていく必要があるね

→ PTA役員のトラブルを回避する!

まとめ

PTA役員と聞くと、デメリットばかり考えてしまいがちだけど
「もっと早くやっておけばよかった」という声も多い。

堅苦しい感じじゃなく、世間話や冗談を言いながら、
実は、和気あいあいと活動していることが多いんだよ。

確かに、時間の管理も大変だし
何らかの負担を少なからず負わなければならない。

けれど、やったことはなんらかの形で必ず子供たちに返ってくるんだ。

役員という形で自分がサポートすることで
子供たちが楽しい学校生活を送れるのなら
それはとても嬉しいことだよね。

案ずるより産むが易し

思い切って飛び込んでみれば、意外と楽しかったりするかもよ?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする