幼稚園と保育園の違いって?費用や保育時間、子供に与える影響は?

幼稚園、保育園、違い、費用、保育時間、影響

入園願書が配布されるこの時期、
幼稚園保育園、どちらに通わせるか
迷っている人も多いんじゃないかな?

最近では、幼稚園と保育園の差は
あまりなくなってきていると言われているけれど、
実際には色々と違うところがある。

費用や保育時間、子供に与える影響についてもまとめてみたよ。

スポンサーリンク

幼稚園と保育園の違い

施設の目的

そもそも幼稚園保育園では、施設の目的が違うんだ。

幼稚園は『教育施設』
保育園は『保育施設』
として位置づけられている。

教育施設である幼稚園は、学校の縮小版みたいなものなので
マナーやルールなどの教育がしっかりしている。
一方保育園は、預り施設なので主に遊びが中心となっている事が多く、
子供の自由度が高い。

ただし、園の方針によっても大きく違うので、
一概にどちらがどうとは言えないのも事実だ。

費用

園によって、または自治体によって、費用は大きく異なる。

幼稚園の保育料は、平均して2~3万円のところが多いよう。
所得に関係なく、一律同じ料金で済むのがポイント。
ただし保育料の他に入園料というものが数万円かかることと、
制服や学用品を揃える費用を考えると、決して安くはない。

保育園の保育料は、認可保育園の場合は課税状況によって決められる。
所得によっては数千円で済むこともあって、そこら辺は魅力的だよね。

認可外の場合は園側が料金を設定するので、
場合によっては幼稚園よりも高くついてしまうこともある。
事前のリサーチをしっかりすることが大事だよ。

保育時間

保育時間

幼稚園が9時~14時くらいまで。
夏休みや冬休みなどの長期の休みがある。

保育園は7時半~18時くらいまで。
長期の休みはない。

幼稚園は保育時間が5時間と短いけれど、
最近では、延長保育や預かり保育を行っている所も増え、
18時くらいまで預かってくれることも多いよ。
共働きでも利用しやすくなっている。
ただし延長料金もかかってしまうので、そこは注意だね。

入園するための条件

幼稚園と保育園の大きな違いといえば、入園できる子供の年齢だ。

保育園は0歳児から入園できるのに対して、
幼稚園は3歳児からでないと入園できない。

また、入園するための条件も違う。
幼稚園は年齢に達していれば入れるけれど、
保育園は「保護者の事情によって、保育に欠ける状態」でなければ
入ることができない。
病気で保育ができないとか、共働きで保育ができない、などの
正当な理由と、その証明が必要になるんだ。

また、入園したくても定員オーバーで入れず、
順番待ちしている待機児童も
近年、大きな問題になっているね。

スポンサーリンク

幼稚園と保育園が子供に与える影響

幼稚園卒の子と、保育園卒の子では
1年生になった時にその差が現れるという。

数年前まで教師をしていたママ友から実際に聞いた話。

小学校に入学して一週間くらい様子を見ていれば、
「この子は幼稚園卒」「この子は保育園卒」というのが
ある程度わかってしまうのだという。

どんな違いがあるんだろう?

幼稚園卒の子の場合

  • 落ち着きがある
  • 人の話を集中して聞ける
  • ルールや時間をきちんと守れる

などの特徴が見られるのだそう。
授業を受けるための基礎がしっかりできていることが多いようだ。

その反面で、

  • 甘えん坊で打たれ弱い、
  • 積極性にやや欠ける

といったマイナス面が見受けられるという。

幼稚園は保育時間も短く、保護者が参加する行事も多い。
親子で過ごす時間が長い分、甘えて人に頼ってしまう傾向が
強いのかもしれないね。

保育園卒の子の場合

  • 何事にも積極的
  • 体力がある
  • 自立心が強い

といった特徴があるのだそう。

その反面では

  • 集中力がない
  • じっとしているのが苦手

といったマイナス面もある。

保育園で過ごす時間が長く、遊びを多く取り入れるため、
活発でしっかりしている子が多いようだ。

まとめ

幼稚園と保育園、どちらがいいかは一概には言えない。
その家庭によって、教育方針や生活スタイルはそれぞれ違うし、
ここで挙げた「子供への影響」だって、
2年生になってしまえば、差なんてほとんどなくなるからね。

ただ言えるのは、子供に合った園を選んであげるのが大切だってこと。

園選びは、親の生活にも、子供の生活にも、
大きな影響を与える。

幼稚園か保育園か、どの園を選ぶか。
家族みんなが笑って暮らせるように、
事前にしっかりとリサーチをしておくことが大切だね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする